2008年12月15日

革も色いろ・・。

先日入られた、新しい生徒さんが希望する色の革がなかったので、本日は革の買出しへ。

その希望の色というのがなんとも微妙な色合い・・。
淡いベージュというか、クリーム色というか、濃い目のアイボリーというか・・・。

ま、どれも似たような感じの色なんですが、様々見比べてみるとちょっと違う・・・。
革の仕上げ具合で、表面の光沢が異なるようで、光の当たり加減で濃淡の見え方が多少異なってくる。

そこで色々な革屋さんを見てみようと、今回は浅草だけでなく、まず最初に秋葉原の革屋さんを覗いてみることに。
イメージに近いモノを2種類ほど見せていただくが、微妙な色合いですこし悩む。
“ここで買わずに浅草へ行って、もしなかったら、また秋葉原まで戻ってこないといけないし・・。ちょっと感じが違うが・・、う〜ん・・買っちゃえっ!
と薄〜いベージュを一枚購入。ついでに黒のカーフも一枚、計2枚を梱包いただく。

そして梱包された革を持って浅草へ。ここでは馴染みの革屋さんを数件ハシゴ。てくてくと界隈を彷徨う・・。
2件目あたりで同様の革を出してもらうと、“こっちの色のほうが近いかも・・”と濃い目のアイボリーにまた悩む。
先ほどと同じ思考がグルグルと頭を巡り、散々悩んだ挙句結局購入・・。

梱包が2つに増え、少し汗ばんできたため着ていた上着も抱えながら、またふらふら彷徨うことしばし・・そして最後に伺った5件目の革屋さん。
ダメもとで見せてもらうと、なんだかコレが一番近いかも・・、という、いい感じのクリーム色が登場!

“くっ・・・、ガッテム!!”

結局同じような色合いの革を3枚も購入。あ〜ぁ・・。

面倒くさがらずに、こまめに足を運べということでしょう。

でも、ちょっといいことも。

自分ではまず使うことのなかったエナメル革。ただ生徒さんから稀に聞かれるので1〜2枚置いておくべきか悩んでいたところ。
そんな折、5件目の革屋さんのご厚意で、かなりの量を破格の値段で入手出来ることに。しかも結構好みの色が2枚!

“Oh〜,ジーザス!!”

まあ、プラマイゼロといったところでしょうか。
こちらもまめに足を運べという、神の暗示なのかも・・。

ネイビーとボルドーの2色のエナメル。う〜ん、なんか作ってみようかな・・。

エナメル.jpg

そのほか、ヌバック等も含め翌日到着した革たち・・。

革類.jpg

もう棚に載らない・・。そろそろ革用棚がもう一組必要になってきた。
あれこれと出費が嵩む、師走時・・・。
posted by tomo at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月08日

あったかルームシューズ

先日、生徒さんより“革だけでなく布で靴は作れないんですか?”との質問が。

もちろん作れます。

でも、工房には革しか置いてない。生地もいくつかサンプルを置いたほうが、生徒さんが作りたい靴のイメージも広がるのでは、と早速サンプル生地の買出しへ。

革の買出しは浅草が主ですが、布は近くのユザ○ヤさんへ1度行ったきり。また引っ越したこともあり、近場でネット検索したところ、やはり池袋・キ○カ堂さんと新宿・オカ○ヤさんが一番揃っていそう。

そこでまずはオカ○ヤさんを訪ねる。
なにせ初めてなもので、よく分からずに入ったら早速大勢のマダムたちが一生懸命品定め。
ウ〜ン、さすが浅草の革屋さんと違い、かなりの賑わい。人の多さに酔いながら、7階まで探すも生地コーナーがなかなか見当たらない・・。
忙しそうな店員さんをなんとかつかまえて聞いてみると、ここは服飾館で生地館はまた別にあるとのこと。
さすがデカイ・・、歌舞伎町の目の前なのに・・。
驚きを感じつつ、エレベータでまた1階へ降りて改めて生地館へ。
移動途中に“下着館”なるもの発見!、“危なっ!最初にここに入らなくてヨカッタ・・”と胸をなでおろす。
でようやく生地館へ。
こちらは先のマダムはもちろん、学生風の若い女性等も混ざり、多少客層がバラエティに富む。まあ、いずれにしても自分は完璧浮いてますが・・。
こちらも、朝一にも拘らずかなり混んでおり、靴に使えそうな生地や裏張り等いろいろ質問しようと思っていたが、店員さん皆忙しそうで各フロアで声を掛けようとチャレンジするも、結局失敗に終わる・・。服飾系の学生さんやゴスロリ系の子達に一瞥されると、どうしても及び腰に・・。
まあ、今回は下見、下見・・。と自分を誤魔化しながら敢え無く撤収。どうもテリトリー外の所へくると気弱になる自分が・・。

で、今度は地元池袋のキ○カ堂さんへ。いつも自転車で前は通るものの中へは初めて。こちらは、場所柄か学生風の方たちはあまりみられず、ベビーカーで子連れのヤンママが中心、といった感じ・・。しかしこちらもヤンママグループが店員さんを囲み、いろいろ手芸話に花を咲かせており、なかなか付け入る隙が・・。
と、ようやく手の空いていそうな店員さんを発見。早速新宿での憂さ晴らしのように矢継ぎ早に質問&生地の切り分けをお願いし、何枚か購入に成功。

いや〜慣れないことすると疲れますな。

店員さん曰く、やはり革や、革用ミシンとの相性などは、実際に縫ったり貼ったりした方がいいとのことなので流行のファーやボアも含め何枚か少ロットで切ってもらい、何か試しに作ってみようと・・。

そういえば家のルームシューズは全て革なので、夏はひんやりして気持ちいいのですが、こう寒くなってくると足元がちょっと冷たい・・。ということでヌクヌクのルームシューズ完成〜。
ルームシューズ.jpg

あったか〜。


池袋からの帰り、どら焼きが評判でいつも売り切れ御免の和菓子屋“すず○や”さんの前を通ったら、まだあった!
ラッキー・・と2個購入。頑張った自分へのご褒美なのかも・・。
どら焼き.jpg
ルームシューズ完成を祝しヌクヌク足元で暖かコーヒーと共に食す。
あんこ、美味っ!!

posted by tomo at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月21日

寒くなりましたね。

“冬将軍、ついに到来!!”

なんていう文字が、ここ数日新聞やネットでも頻繁にではじめました。

毎年思うんですけど、“冬将軍”って・・、なんだか・・・。

なんか強そうで、もの凄い“力でねじ伏せてる”って語感が、より一層寒さを感じさせます。

でも、武田信玄ばりの厳つい老兵が、馬上で【冬!】っと力強く書かれた旗を掲げて、なんて姿を想像するのは私だけでしょうか・・。

ちょっとアゴ髭あたりが白く凍ってたりして・・・。


などと馬鹿なことを考えながら、今日も工房で作業作業・・。

これだけ冷え込むと、つい工房の暖房を入れたくなるのですが、靴作りの作業現場では極力控えている。

部屋全体が暖まってくると、慢性寝不足気味の自分はつい眠気にやられて、

“なんかやっちゃう”確率が高くなるんですよね〜。

貼り込み・折込代の切り落としなんかはまだ傷が浅いのでよしとして、仕上げ作業でグラインダー使ったり、包丁でヒールの切り回しをしてる時に、

“あっ・・・”

とかなっちゃった日にはもう・・・。

膝から崩れるくらい落ちちゃいます。

まあ、最近では余りありませんが、どうしてもトラウマというか、過去の失敗が恐怖感を思い起こさせるのか、空調暖房には抵抗を感じる今日この頃・・。

電気ヒーター.jpg

で、最近大活躍なのが、この古くて小っちゃい電気ヒーター君。多分20年以上前の製品で、自分がサラリーマン時代はもう速攻空調スイッチオン!だったので、ずっと押入れの奥で日の目を見なかった可哀想なやつ・・。

でも、足元から腰位までの、控えめな感じの温め具合が、なかなか良い感じ・・。昨年あたりから大抜擢で、今シーズンもフルに活躍してくれそう。

おかげで、今日もピリッと引き締まった感じで作業終了。

新宿朝焼け.jpg

夜明けの新宿の朝焼けも、キリッと冷え込んだ空気でいつもと違って引き締まっているよう。

今夜は、久々鍋かな〜。

まあ、一人鍋ですけど・・、なにか?


posted by tomo at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年09月13日

秋祭り

今日は、工房の看板の土台となるブロックを購入するため、自転車で板橋のホームセンターへ。

片道約7km程あるんですが、途中、あちこちの神社や商店街からお囃子と太鼓の音が・・・。

日本全国、お祭りの季節到来・・・なんでしょうか。
いまだ真夏日が続くと、季節感が湧きませんが、少なくとも豊島区と板橋区ではそこらじゅうでやってました。

出店なんかも出てまして、思わず立ち寄ってしまう。
地元住民でもないのにお祭り気分のおすそ分けを・・・。

祭り.jpg
交通規制をして、幹線道路をお神輿が練り歩く・・。いいもんですな。

出店のはしごやお神輿見学で、ブロック購入に半日以上を費やし、ゆる〜い1日を過ごす。



オモシロ出店発見!!

射的.jpg

“男はダマって射的”ですか・・・。う〜ん、渋いというかなんというか・・。

ただ、このフレーズで子供たちは100円を投じようと思うのだろうか・・・。

しかし思いのほか流行っているような・・・。
posted by tomo at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年09月02日

使い捨て

いや〜安倍さんに次いで、福田さんも辞めちゃいましたね〜。

日本では、ついに総理大臣まで使い捨てするような時代になってしまったんですね〜。

くわばら、くわばら・・・。

というわけで、前々から直そうと思っていた自分のお気に入りの靴を手直しすることに・・。

靴修理1.jpg

かれこれ3年以上、雨の日も雪の日もかなりのヘビーローテで頑張ってくれました。


ちょいと地味目の奴ですが、妙に馴染んでくれまして・・。
本当は他の靴とバランスよく履いたほうがいいんですが、フィット感といい、脱ぎ履きの楽さといい、ついつい酷使してしまいました。

靴修理2.jpg

もう踵がほとんどありません・・・、スマンかった・・・。これからニューソールを買ってくるので許しておくれ・・・。

モノも、人も、使い捨てはイカンですっ!じっくりと長い付き合いをしていきたいものですね〜。



posted by tomo at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年08月19日

秘密兵器は○○?

ネットでニュースを何気なく見ていたら、気になる記事が・・。タイトルは【金メダルラッシュの中国!その秘密兵器とは?】

“秘密兵器”というコトバにつられ、思わずクリック。

なんでも、金メダルラッシュに沸く中国選手の活躍に隠された「秘密兵器」は、『刺しゅう』かもしれない、との意外な組み合わせ。
今大会の中国の金メダリストのうち、6選手がリラックスのため、あき時間などに刺しゅうをしているそうで、コーチも
“彼女たちはハードなトレーニングをしているので、(刺しゅうに関して)最終的にOKを出した。今では刺しゅうはチームの一部だ”とまで言い切っている。

女子重量挙げを制したあるメダリストは、
“完成までに4-5日かかり、(完成品を)見ると自分が世界で1番だと感じる”とコメント。

ウ〜ン・・。世界で1番・・。ま、金メダリストが言うと説得力ありますな。

ところで、靴も種類によっては、ミシンを使わず、すべて手縫いでチクチク、チクチク、とステッチしていく。刺しゅうと似ているといえば似ている・・。

確かにこの手縫い作業、こまごまとした作業なのに、やっていると妙に落ち着くんです。前の教室の生徒さんも、教室に通う理由を“仕事や生活のストレス発散”と言っていたような。

スポーツを楽しんだり、旅行に行ったりとストレス発散は人それぞれですが、意外とこういう手先を使う作業で癒される人は多いのかも知れません。

というわけで、すべて手縫いのマイサンダル完成!!
黒サンダル(両足).jpg

黒サンダル(トップ).jpg

確かにリラックス!

ただ、世界で1番には・・・。要町で1番くらいでしょうか・・。



posted by tomo at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年08月15日

ポキッ!!

手作り靴の道具で一番使用頻度が高いもののひとつが包丁です。どの種の職人さんも同じだと思いますが、やはり道具というのは常にベストの状態にしておきたいもの。特に包丁は使っているうちに切れ味が落ちてくる為、こまめに砥石や青棒で研ぎながら作業をする。

他の道具達と比べ、彼らにはかなり気を使っているにも拘らず、たまに硬い材質に変な角度で刃を入れたり、打ってある釘に刃が当たったりすると、刃先の端っこのほうが、ポキッ!といってしまう。

特に作業のモチベーションがあがっている時に、このポキッ!をやってしまうと、こっちの心まで折れそうになる・・・。

そして、昨日。久しぶりに、このポキッ!をやってしまう・・・。幸い、その日の作業の終盤だった為、包丁研ぎは翌日へまわすことに・・。

で、今日。予報によると本日の最高気温はいわゆる35℃を超える猛暑日!午前10時の段階ですでに32℃と・・・。暑すぎるだろ・・。

この包丁研ぎ、やったことのある方はお分かりだと思いますが、多分靴づくりの一連の流れの中で、最も重労働な作業のひとつ。たった一本仕上げるだけで汗ダクダク、ダク・・・。
できれば夏場の日中は避けたい・・・。

因みに工房では、この夏まだ一度も冷房を使っていない。っていうかブレーカーから落としてある。
“もうそろそろ潮時か・・”
と一瞬躊躇するも、
初志貫徹!コレくらいのことで挫けるようではエコ人間とはいえん!
っと、暑さのせいかワケの分からぬプライドで、作業に取り掛かる。

一本終わって、“どうせならついでに他のも・・”と身体も頭も麻痺してしまったのか、全部で6本の包丁を研いでしまおうという恐ろしいことを考えはじめる。
1本10分強、約1時間以上をかけ、ひたすらシュッ、シュッ、シュッと単純往復運動。途中からは上半身裸になり、傍から見たらちょっと危険な絵に・・。後半では歳のせいか軽い酸欠状態に・・。

いろんな意味で危なかった・・・。

で、研ぎ澄まされて出番を待つ包丁たち・・・。

.jpg

そして、頑張った自分へのプチご褒美、“白くま”。
冷っ!!

2008-08-15_0043.jpg
posted by tomo at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年08月07日

いよいよ工房OPEN&BLOG START

この要町に工房を借りて早1年。
オーダー等で靴づくりはコツコツ順調でしたが、機械入れたり、資材入れたりで、この度やっと靴工房&教室が正式オープンとなりました。

特に時間かかったweb公開。ここまで悪戦苦闘しながらも、ようやく先が見えてきたような、見えてこないような・・・。
そこで、まわりのありがたーい(?)ご忠告もあり、この度ブログとやらを始めることにいたしました。

まぁ、いま思い起こしてみると、夏休みの絵日記も8月の最終日に仕上げようとして、泣きながら親や弟に逆ギレしながら書いてるような、ちょっと痛い子だったからなぁ・・。いつまで続くことやら・・・。

って始めからこんな後ろ向きじゃいけませんっ!!

そういうことで、兎に角長く続ける事をこの場で誓いつつ、靴のコト、工房・教室のコトetc・・・、色々な日常をのんびり書いていこうと思います。(まぁペースは保留ということで・・)

靴のことに興味がある方、たまに覗いてみて下さい。
hpへも是非!⇒http://sakaiworks.info/

P.S. web公開にご尽力いただいたOさん、ほんっとありがとうございました。&お疲れ様でした。


画像アップの練習も兼ねて・・。
ここ数日フル稼働だったPCと大人買いされた関連書籍たち・・。お疲れ!

PCまわり.jpg


そして、ここ数日放置状態に置かれている、作りかけの靴たち・・。スマンッ!

つくりかけの靴.jpg
posted by tomo at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記