2009年07月09日

男の生き様

今日は生徒さんが急遽お休み。教室が2枠連続で空いてしまったので、

“映画でも観に行こうかなぁ”と・・。

ただ、腰をすえてがっつり、って感じではなく、あくまで“ぶらっと”立ち寄る感じで・・。

なので近場の池袋限定です。

なんだか、エヴァンゲリオンとかトランスフォーマーが人気のようですが、双方全く興味が湧かない・・。

ミッキー・ロークの【レスラー】か【剣岳 点の記】のどっちかだなぁ・・。

と色々レヴューを読んでみると、景色とか映像が凄いらしいので、折角映画館で観るんなら、ということで【剣岳】をチョイス。

レスラーはDVDでいいや・・。

tsurugidake160_254.jpg

いや〜、日本の美しさ再発見って感じですね。

なんかのニュースでロケが大変だったらしいと小耳に挟みましたが、

“これ、どうやって撮ったんだ〜”

って思う程、登攀風景と映像美は見事です。

これは是非、前から4〜5列あたりで見て欲しい。首が疲れますが・・。

それにしても、長次郎役の香川照之にやられました。
渋すぎる・・。

あの寡黙さと直向きさ、背中と眼で語る、男の生き様を是非参考にしたいものです。

そういえば、“男の生き様”で最近惹かれたのが、【クライマーズ・ハイ】(横山秀夫)の悠木和雅。

映画では、堤真一が演じてました。
映画でもかっこよかったのですが、ちょっとはしょりすぎてるので、これは小説の方がより男気を感じさせます。

まあ、どちらも無いものネダリですが・・。


posted by tomo at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30415834
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック