2015年03月20日

最高齢vs最年少

こちら、以前にも当ブログにご登場いただいたSちゃん・・・。
一昨年の夏休み、当工房最年少の中学1年生だったSちゃんも、この春で中3になろうとしてます・・。

3月20日風景@.jpg


今日はちょっと早めの春休み、ということで平日にお越しいただき2足目に奮闘中です。

“あれから2年弱? もう中3か〜、早いなぁ〜”

“そうなんですよ〜、私もついこの前までやっと中学生になったと思ったのに〜”

・・・、なんだかもう数十年も生きてきたような大人コメントです。


一方こちらは、昨年末から通っていただいているTさん・・。

なんと北海道から通っていただいてます。
なんでも月いち程度でこちらに来られる用事があるので、そのついでに以前から興味があった“靴作り”をやってみたかった、とのこと・・。

北海道からというのも凄いのですが、当工房最年長の七十ウン歳というのもまたビックリのバイタリティです。

3月20日風景A.jpg

前回、型紙から全ての革(アッパー・ライナー共に)を裁断したところで終了しましたが、

“いまひとつ構造が理解出来ない・・”
とのことで、

“型紙持って帰ってもいいですか?”

と・・。

もちろん大丈夫ですが、初めての一足ですから構造が理解できないのは当然のこと・・。

“気にしなくていいですよ。次回じっくりやっていきましょう”
とお伝えしたところ・・。

3月20日風景B.jpg

ご自身でご自宅で組み立ててきちゃいました!

3月20日風景C.jpg

なにやら、革の伸び方向やら、へり返しのシロまでしっかり書き込んであります。

3月20日風景D.jpg

しかも大小2つ・・。

研究熱心なんですね〜。

外羽根って、いわゆる“閂(カンヌキ)”部分がいまいち皆さん理解するのに時間が掛かるものなんですが、あっさり正解です。まだなんにも説明してないのに・・。

3月20日風景E.jpg

そんなこんなで、取り敢えず仮履きが完成しました。

3月20日風景F.jpg

年齢差60歳の今日の教室・・。
posted by tomo at 13:56| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: