2017年02月28日

Kくん型紙づくりB(内羽根編)〜その壱

“外羽根”、“モンクストラップ”ときて次は“内羽根”の型紙づくりに挑戦中のKくん・・・。
※前回、前々回の模様はこちら⇒http://sakaiworks.sblo.jp/archives/20160624-1.html
              ⇒http://sakaiworks.sblo.jp/archives/20161104-1.html

Kくん型紙(内羽根編)@.jpg

これまで同様、マスターゲージを使って羽根を付ける前のベース部分をクラフト紙で作りますが、右側が外羽根バージョンなのに対し、内羽根は左側のようなパターンになります。
つまり、トップラインが“コの字型”に対し、内羽根は“X字型”になるのが特徴です。

この紙を木型に添わせることによってトップラインの高さを微調整します

Kくん型紙(内羽根編)A.jpg

で、好みのラインをマスターゲージに書き込み、上記で調整した数値の上げ下げを反映させ・・・、

Kくん型紙(内羽根編)B.jpg

その後“展開”させることで型紙の下書きを作成します。

Kくん型紙(内羽根編)C.jpg

こちらが、展開図から切り出したアッパー&ライナーの型紙となります。

Kくん型紙(内羽根編)D.jpg

Kくん、今回はパフォーレーションにもチャレンジです。

“ギザ抜き”&“親子穴”でセミブローグで進めていくみたいですね。。。

Kくん型紙(内羽根編)E.jpg

ダブルステッチの“飾りミシン”は後半ちょっとレロレロレロ・・・。まだまだ修行が足りませんなっ!

Kくん型紙(内羽根編)G.jpg

でもって、なんとかアッパーは完成した模様・・。

更には、今回は底付けをハンドソーンにて進めるようです。

Kくん型紙(内羽根編)H.jpg

ということで、中底は5o厚のショルダーを使って、

Kくん型紙(内羽根編)I.jpg

木型に釘留め・・・。ところでなかなか渋いマイ木型をお持ちですな・・。

Kくん型紙(内羽根編)J.jpg

自転車のゴムチューブを使って、しっかり木型に添わせます。
因みに冬場の乾燥しているときは、この方が手っ取り早いのでこれで進めますが、夏場の湿気が多いときは中底にカビが生える恐れがあるので、周囲を釘で打ち込んで固定していきます。

Kくん型紙(内羽根編)K.jpg

グルグル巻き・・・。

Kくん型紙(内羽根編)L.jpg

更に糸作り・・・。完成まではもうちょい時間がかかりそうですな・・。
posted by tomo at 16:20| Comment(0) | 靴専科・型紙づくり

2017年02月23日

Sさんサドルシューズが完成〜!

靴歴半年、1足目のSさんは、工房ご近所のお豆腐屋の旦那さん・・・。

Sさんサドル2017@.jpg

長年この池袋でお店を続けてこられましたが、昨年お店を閉めご隠居生活に入られたと同時に、以前からやってみたかったという靴づくりに挑戦中です。

Sさんサドル2017B.jpg

慣れないミシンに悪戦苦闘しながら、アッパーを縫い上げ・・・、

Sさんサドル2017A.jpg

初めての“つり込み”作業も、大変なところもありましたが・・、

Sさんサドル2017C.jpg

しっかりマニュアルを確認しながら丁寧に進める姿は、流石職人気質、といった感じ・・・。

Sさんサドル2017D.jpg

こんな若造の言うことを丁寧に聞いていただき、恐縮ですっ!

Sさんサドル2017F.jpg

つり込みも綺麗にできまして・・、

Sさんサドル2017E.jpg

アッパー完成〜!
因みに、下に敷かれているのが当工房の“つり込みマニュアル”・・・。
文字が細かくてスミマセンっ!

Sさんサドル2017H.jpg

その後は、ご本人が“どうしてもこれにしたいっ!”と達ての希望で仕入れた、ヒールが“にこちゃんマーク”のヴィブラム2055(レッドブラウン)のソールを削り出し・・・、

322_1.jpg

飾り押し縁を付けて・・・、

322_3.jpg

完成〜!

322_5.jpg

Sさん、同じクラスで前回ブログで登場のMちゃんが作っていた“ドクターシューズ”をみて、

“次はこれを作りたいっ!”

とのこと。

次回ご登場が楽しみです。


posted by tomo at 11:38| Comment(0) | 工房及び教室のこと

2017年02月16日

ドクターシューズ

浅草へ買い出し等へ出かけたことのある方にはお馴染みの風景・・・。

靴のハルタ.jpg

言問橋たもとの、ランドマーク的赤い“ハルタの靴”の看板です。

わたくしも月イチ以上のペースでこの風景を目にしておりますが・・・。

女子中高生の方々が履いている靴のド定番といえばハルタのローファーが有名ですが、最近このハルタさんの“スポックシューズ”というのが巷のヤングなレディーに人気とのこと・・・。

OさんドクターシューズA.jpg

ということで、靴歴1年、弱冠ハタチのMちゃんの3足目はこの靴に決定〜!
OさんドクターシューズB.jpg

ドクターシューズともいうそうで、確かにお医者さんとか履いてそうな靴ですね・・。
まずは仮履き作成です。
OさんドクターシューズC.jpg

今回は両足作ってみることに・・・。
というのもクリの深さがどれくらいが良いのか、ご本人に決めてもらおうと思い、浅めと深めで履き比べてもらいました。
浅いと脱ぎ履きは楽ですし、つり込みもやや楽になるのですが、サンプルのスポックシューズを見てみると、見た感じは深めのほうがそれっぽい感じです。

ということで、深めで作成することに決定。

OさんドクターシューズD.jpg

色は茶系のバイカラーで進めていくみたいですね・・。

OさんドクターシューズE.jpg

クリが深いとつり込みで、甲の皺がなかなか消えないのでは・・・、と心配しておりましたが、

OさんドクターシューズF.jpg

そこは3足目のMちゃん、サクッといい感じに仕上げてきました。

OさんドクターシューズG.jpg

心材を入れて・・・、
OさんドクターシューズH.jpg

底材はビルケンのスポンジ素材をチョイス・・・。

OさんドクターシューズJ.jpg

グラインダーで削り廻して・・・、

321_4.jpg

完成〜!

321_3.jpg

暖かくなったら、活躍してくれそうな靴がいいタイミングで完成しました。

posted by tomo at 21:25| Comment(0) | 工房及び教室のこと

2017年02月07日

Sさん追っかけ記録@(子供靴編)〜今度は娘の為にパパ頑張るぞっ!の巻

一足目からハンドソーンにチャレンジし、昨年完成させたSさん・・・。
Sさんパパ子供靴@.jpg

次は可愛いお嬢さんの為にっ!
ということで絶賛奮闘中・・・、まずはフィッティング作成に取り掛かります。

Sさんパパ子供靴B.jpg

こちらは、アッパーの革を裁断したところ・・・。

最初のご自身の靴は・・・、
299_2.jpg
このようなシンプルな“外羽根”でした。
ハンドソーンなので底付けは大変でしたが、アッパー作成のパーツとしては3つだけ・・・

しかし今回はご覧の通り7枚・・・。
しかも“ギザ抜き”や“親子穴”といった、革の下処理にだいぶ手間を掛けてますね〜。

でも可愛い娘の為なら、これくらいのひと手間、なんてことないんですっ!

Sさんパパ子供靴H.jpg

でもって、こちらはライナーの型紙・・・、計5枚也

踵のクッション部分等が前回と違い、ちと大変でしたが、
Sさんパパ子供靴A.jpg

2足目ということもあり、だいぶ知識も深まったようで、指示書等も“サクッ”とご自身で作っちゃいました。

Sさんパパ子供靴C.jpg

なかなかいい感じです。
で、あっという間につり込みを終えて・・・、
Sさんパパ子供靴E.jpg

フィッティング完成〜!

Sさんパパ子供靴F.jpg

脱ぎ履きしやすいように、“ベルクロ”にも今回初チャレンジです。

Sさんパパ子供靴G.jpg

因みに大人靴と並べるとこんな感じ・・・、可愛い・・・。

本番では赤と白のコンビネーションにする予定とのことですが・・・、次回のご登場が楽しみですね。
posted by tomo at 11:55| Comment(0) | 生徒さん追っかけ記録