2016年11月10日

またまた“チロリアン”

前のブログもチロリアンでしたが、今回も・・・。

教室では、なぜか生徒さんの作りたい靴がほぼ同時期にかぶる、ということがよくあります。

確か昨年の春頃だったか・・、“チャッカ祭り”ということで4〜5人の方がほぼ同時期にチャッカブーツを作ってましたし、今年の春先は“マウンテンブーツ”に取り掛かる方が複数いらっしゃいました。

どの靴も決して“メジャーな靴”とは言えませんし、またお互い相談しているわけでもなく、全く偶然のようですが、なにか法則でもあるのでしょうか?

306_1.jpg

ということで、今回はYさんの本格“チロリアン”です。

Yさんチロリアン@.jpg

型紙はこんな感じで・・。

YさんチロリアンA.jpg

仮履きを念のため作成しつつの・・、

YさんチロリアンJ.jpg

本番ではネイビーの“栃木レザー”をチョイス。

YさんチロリアンB.jpg

踵芯、トウパフともに床革を使う本格仕様です。
YさんチロリアンC.jpg


前回登場のSさんとの違いは、底付け方法・・・。
本格的な“山”をやるYさん、実際に牧童のようにアルプスならぬ日本の山を駆け廻るようなので、本来のチロリアン同様、防水性に長けた“ノルウィージャン”で仕上げるようです。
YさんチロリアンD.jpg

そのための糸作りをしているところ・・。

YさんチロリアンE.jpg

いい感じで仕上がってきました。

YさんチロリアンF.jpg

Sさん同様、夏頃からのスタートで、本来なら手間も時間もかかる手縫い故、完成時期は大幅に遅れるはずですが、そこはYさんマイ木型ですのでご自宅に持ち返り仕上げてきます。

YさんチロリアンG.jpg

この掬い縫いも、ご自宅で一週間後には縫い上げてきてしまいました。

YさんチロリアンH.jpg

底面に革を張り・・・、

更には3oの“ミッドソール”の出し縫いも、わずか一日で・・・。

Yさん、来週からインドネシアへの出張が入った為、先週木曜“文化の日”に振替で作業をしてました。
その時は出し縫い前の状態でしたが・・・、

YさんチロリアンI.jpg

でその翌々日の土曜には出し縫いを完了させてくる、という“荒業”を披露・・。

間の金曜日はちゃんと本来のお仕事してたのかな・・・、とこっちが心配になってしまいます。

“インドネシアの出張に履いていきたいんだよね”

ということで、

306_2.jpg

完成〜!

306_5.jpg

掬い縫いの“チェーンステッチ”と出し縫いステッチにより、より“無骨感”が出てますね。

306_8.jpg

Yさん、出張お気をつけて〜。
posted by tomo at 11:59| Comment(0) | 工房及び教室のこと