2016年03月29日

やっと春らしくパンプス完成〜!

ここのところブログで出てくるのはブーツばかりでしたが、ようやく春らしくパンプスの登場です・・。

268_1.jpg

こちら、歴2年・3足目のOさん・・。
右と左の足長差が10o弱あり、いつも靴にはお困りだそう・・。
最初は24.5pの木型で紐靴を、そして2足目にはチャッカブーツを作成し、いよいよ満を持してパンプスに挑戦です。
OさんパンプスD.jpg

パンプスの場合、抑えが全くありませんので踵のホールドを利かせる為、24.0の木型で進めることに・・。
ご覧のとおり、足長の長い方の木型にはロウで肉付けして・・・、

OさんパンプスB.jpg

取り敢えず仮履きを作成。
手縫いのステッチはいわゆる“飾り”ですから必要ありませんが、ピッチの確認や本番で失敗しないようにと、フィッティングといえども手を抜きません・・。
Oさんパンプス@.jpg

プラヒールについては染色にして・・、
OさんパンプスA.jpg

フィッティングは完成・・。
完成時は足がむくんでいたのか、ちょうど良さそうな反応でしたが・・、

念のため一週間ほど履いて歩いていただいた結果、踵のフィット感がイマイチとのこと・・・。

常日ごろ、足の浮腫みにはお悩みとのことで、浮腫みが無い時にはかなり緩めになるようです。
その他の部分も含め改めてチェックしてみると、やはり全体的にタイトにする必要性が見えてきたので、思い切ってサイズを24.0から23.5にダウンし、木型の補正をやり直して本番へと突入です。

OさんパンプスE.jpg

本番では服に合わせやすいようにと、黒のカーフで進めることにしたようです。

で、一気に飛びますが最後の底付け作業へ・・。

OさんパンプスC.jpg

パンプス等、プラヒールの時の底付けがこのような“まくり”と言われる方法です。

OさんパンプスG.jpg

このようにヒール部分のソールをかなり薄くなるまでグラインダーで削っていきます。

OさんパンプスF.jpg

ペラペラ状態です。
この薄い部部を、プラヒールのアゴのカーブに貼り付ける方法です。

OさんパンプスH.jpg

電熱ゴテではみ出た部分を切り落とすのですが、写真撮る前に切り落とされちゃいました・・。

OさんパンプスI.jpg

本番ではヒールは“巻き革”にしたようです。
OさんパンプスJ.jpg

最後にネジとスクリュー釘で固定をして・・、

268_3.jpg

完成〜!

268_6.jpg

手縫いステッチも満足できたようです。

268_7.jpg

履き心地も大丈夫そう・・。
仮履きに比べ、かなりフィット感が増したようで、踵がしっかりホールドされているのが分かるとのこと・・。
思い切って木型のサイズ変更をしてよかった・・・。

普段の靴は24.5〜25.0を購入されている方ですが、パンプスということで仮履きを24.0で作成したのですが、更に下の23.5が正解だったようです。
人にも(足にも)よりますが、やはりパンプスの場合この位のダウンサイズもあるので、その見極めが肝心ですね。
posted by tomo at 11:22| Comment(0) | 工房及び教室のこと

2016年03月25日

Uさん追っかけ記録A〜クーズーでようやくアッパー仕上がりました編

昨年暮れから久々ご登場のUさん・・・。

プレミアム感満載、“クーズー”の革を使ってマウンテンブーツ作りです。
※追っかけ記録@はこちら⇒http://sakaiworks.sblo.jp/archives/20151128-1.html
UさんハンドソーンI.jpg

前回も型紙ご紹介しましたが、ライナー分も含め改めて、こんな感じで・・。
Uさんマウンテンブーツ@.jpg

マウンテンブーツっぽく、トウもボリューミーにしたいということで、床で補正してます。
UさんマウンテンブーツA.jpg

オークションで購入したこの革がよっぽど気に入ったのか、いつも教室では革をうっとりと眺めるだけで、作業が遅々として進まなかったのですが、ようやくアッパーの仕上がりが見えてきましたよ。

UさんマウンテンブーツB.jpg

ベロとライナーが縫いあがりました・・。

履き口周りと、ベロの裏にはかなり厚めのクッションが入っているのですが、なんとか上手に縫えたみたいですね・・。

UさんマウンテンブーツC.jpg

ただ、このミシン縫製がまた拘ってます・・。
前作もそうでしたが、あまり人が気付かないところに妙な拘りを見せるのがUさんのコ・ダ・ワ・リ・・・。
UさんマウンテンブーツD.jpg

ピッチ11のダブルステッチ・・・。

踵や内側なので、云われなければ気付きませんが、ここは絶対だそうです。

クーズー特有の傷のつながり具合も、拘ってます。
UさんマウンテンブーツE.jpg

なるほど、この為に革をひたすら眺めてたのね・・・。

UさんマウンテンブーツH.jpg

マウンテンブーツ特有のホック類をしっかりとカシメて・・・。

UさんマウンテンブーツG.jpg

やっと形になってきました。

つくづく、いい革だな〜・・。

次回いよいよつり込みです。
posted by tomo at 13:47| Comment(0) | 生徒さん追っかけ記録

2016年03月22日

失速したボタンブーツ

行ってきました・・、マッドマックス4DX。

一度DVDで観ているので2度目なんですが、アカデミー最多6部門が決まってからということも相まって、またどんな4DX効果を体感させてくれるか・・・・。
A15Wm2byCcL__SL1500_.jpg

いや〜、期待通りでしたね・・。

砂漠でのカーバトルのなか、風がヴォ〜〜、水しぶき・血しぶきがブシャ〜、とかなり楽しめました。
SFモノの“浮遊感”に対して、現実感・スピード感が半端なかった〜。


スピード感といえば、

昨年暮れにご紹介したTさんのボタンブーツ・・・。

マッケイ縫い“最速記録”とご紹介しておりましたが・・・・、

Tさんボタンブーツ@.jpg

なぜか後半、だいぶ“失速”してきてしまいまして・・・。
結果、これまでの方と同じくらいの感じで・・・。

TさんボタンブーツE.jpg

原因は不明ですが・・・。
まあ、後の片足途中で一度糸が切れてしまったので、そこでモチベーションが少し落ちたのかな・・・。

TさんボタンブーツF.jpg

まあ、でも2月中の完成でしたので何とかギリセーフということで・・。

262_thumb.jpg

ネイビーのボックスカーフと黒革のコンビネーションが、他には無いボタンブーツに仕上がりました。

262_4.jpg

是非、大事に履いてあげてください。
posted by tomo at 14:15| Comment(0) | 工房及び教室のこと

2016年03月06日

ブーツ、まだまだ肌寒いのでギリ完成〜!

前回、“この冬に間に合いそうにない”とご紹介したブーツたち・・・。

なんとかギリでお二方が間に合いました。

KさんチャッカブーツA.jpg

お父様のチャッカブーツを作成中のKさん・・。

Kさんチャッカフィッティング.jpg

こちらはフィッティング・・・。

264_2.jpg

なんとか2月中での完成なので今シーズン少しは履いていただけることでしょう・・・。

264_4.jpg

ウエッジソールですが、スポンジ素材の為見た目よりかなり軽めに仕上がりました。

また、脱ぎ履きがし易いようにと、サイドにファスナーを付けてあります。
お父様への愛情が感じられる一足になりました。


一方こちらは2足目でブーツにチャレンジ中のGさん・・。

265_1.jpg

“クシュクシュ”ルーズフィットのショートブーツ・・・。
既存の同じようなブーツを自分好みの革で作ってみたい、ということでこのようなデザインになっております。
GさんブーツB.jpg

因みに右側がご自身で購入されたもので、左側が今回の仮履き・・。
GさんブーツD.jpg

履き心地だけでなく、細かなラインもそのままコピーです。

GさんブーツA.jpg

こういうタイプの靴って、通常のセオリーのつり込みと違って、結構面倒なんですが・・、
なんとか形になってきました。
GさんブーツC.jpg

最後に尾錠の穴を開けて・・、
265_4.jpg

完成〜!

265_6.jpg

3月とはいえまだまだ寒いですから、今季デビュー、なんとか間に合いましたね。
posted by tomo at 15:17| Comment(0) | 工房及び教室のこと