2016年01月23日

職人S氏追っかけ記録@(マウンテンブーツ編)

靴歴2年目ながらすでに職人の域に達しようとしているSさん。

職人S氏ブーツ編@.jpg

今回はマウンテンブーツに取り組んでます。

職人S氏ブーツ編A.jpg

最初はこちらで型紙を作成しましたが、自分なりに工夫・改造した型紙で進めてます。

職人S氏ブーツ編B.jpg

こちらは最初のフィティング・・・。

もじゃもじゃヘアーがなんだかラーメン好きの“小池さん”みたい・・

と、あまりお気に召さなかったようで、再度作り直して・・、

職人S氏ブーツ編C.jpg

こんな感じで進めることになったようです。

職人S氏ブーツ編D.jpg

マウンテンブーツ特有の、トウのボリューム感を出すため、木型を補正・・。

雪の山道で履くものなので、かなり厚めの靴下を履くということも想定しているようです。

職人S氏ブーツ編E.jpg

で、あっという間にアッパー完成です。

職人S氏ブーツ編F.jpg

今回は、アッパーもすべて手縫いにしたよう・・。

職人S氏ブーツ編G.jpg

履き口周りのクッションはつり込み完成後に、やはり手縫いで組み立てるよう・・・。

ミシン縫いですとかなり無理がありますが、手縫いであれば問題ありません。
かなり独創的な方法ですが、自分なりに考えてらっしゃるようです。

職人S氏ブーツ編H.jpg

ということで、早速つり込み開始です。

職人S氏ブーツ編I.jpg

職人S氏ブーツ編J.jpg

底付けも本格的で、ノルウィージャン製法で・・・。

本格的なマウンテンブーツ・・、完成が楽しみです。
posted by tomo at 16:58| Comment(0) | 生徒さん追っかけ記録

2016年01月19日

ダンディSさん追っかけ記録@“今度は踵で勝負だっ!〜の巻”

初めての一足目で、サドルシューズを完成させたSさん・・。

245_3.jpg

なかなか斬新な色使いですが、なぜかダンディなSさんが履くと様(さま)になるから不思議です。

そのSさん、次はブーツに挑戦です。

ダンディSさん追っかけ記録@.jpg

前回と同じ木型ですが、今回は少しトウをボリューミーにしたいということで、床革で肉付けをしてみました。

ダンディSさん追っかけ記録A.jpg

因みに型紙はこんな感じで・・。
シンプルな外羽根タイプのブーツですが踵部分が少しイレギュラーなのは、後ほど写真でご紹介・・・。

ダンディSさん追っかけ記録B.jpg

2足目なので、“指示書”もご自身で引いてみます。
“指示書”とは、型紙にはついていないシロ等原寸大で書いたものです。
自分で型紙を作る場合は必要ありませんが、例えば私が作って、生徒さんがその型紙を使って革を裁断する場合、間違いがないように予め作っておくものです。

“貼りシロ”や“縫い割シロ”、またへり返しシロ等々を何ミリ採るのかが記載されています。

ダンディSさん追っかけ記録C.jpg

補助的な作業ですが、ここは間違いがないように慎重に・・・。

ダンディSさん追っかけ記録D.jpg

でもって、その“指示書”に従って革を裁断していきます。

ダンディSさん追っかけ記録E.jpg

その後、それぞれの革の下処理(革漉きやへり返し)を施し、縫い合わせていきます。

ここでは省きますが、ライナーも同様の流れで作成していきます。

ダンディSさん追っかけ記録F.jpg

アッパー完成後は、いよいよつり込み作業へ・・。

ダンディSさん追っかけ記録H.jpg

全体像はこんな感じで・・。

因みに踵部の型紙が変則的だったのは、このせい・・・・。
ダンディSさん追っかけ記録G.jpg

ファスナーを斜めに入れてみました。

Sさん、今度はこの踵でダンディさを演出です。

仮履きで、履き口の高さを2pほど上げ、また羽根のラインを少し変えていくことで調整し、次回いよいよ本番へと突入です。
posted by tomo at 14:39| Comment(0) | 生徒さん追っかけ記録

2016年01月08日

ウェッジソールの作り方

カバン教室で約2年、様々なバッグを作ってきたSさん・・・。

“取り敢えず今すぐ作りたい鞄はもう無くなった・・。”

ということで、靴へと転向です。

Sさんポストマン@.jpg

革や機械類、道具の扱いはだいぶ手慣れたSさんですので、今回はアッパー作りの紹介は割愛して、底付け方法をここでご紹介・・。

作りたい靴は“ポストマンシューズ”ということで、初めての一足目からちょっと手間のかかるウェッジソールに挑戦です。

まずは、ウェッジ部分です。
SさんポストマンA.jpg

このように大きさの異なるヒールを積み上げて・・・、
SさんポストマンD.jpg
ソールも切り出します。
ここでは、ボールポイントや本来のヒールの位置に正確に当たりを付けておくことが重要です。

SさんポストマンB.jpg

でもって、ウェッジ部分をこんな感じで斜めに削っていきます。
SさんポストマンC.jpg

この後、ウェッジとソールを糊で圧着し、靴の底面のアールを削り出していくのですが、ここがちょっと難しい・・・。

グラインダーを使い慣れていないと、なかなか難儀な作業です。
SさんポストマンE.jpg

なんとか上手に削った後は、飾り押し縁を貼り付け・・、
SさんポストマンF.jpg

“パコッ”っとはめ込みます。
SさんポストマンG.jpg

259_1.jpg

後は、はみ出した余分なソールを削りだしていきます。

SさんポストマンH.jpg

飾り押し縁は革ですので、ここにコバインクを乗せるため、ゴムの部分にマスキングテープを貼って・・、

SさんポストマンI.jpg

コバ染めをし・・、

SさんポストマンJ.jpg

最後は、フノリで磨いて・・・、

259_2.jpg

完成〜!

259_4.jpg

259_3.jpg

見た目はゴツい感じですが、ヒール部分はすべてスポンジ素材ですので、木型を抜いた後思わず、

“軽っ!”

と一言・・・。

SさんポストマンK.jpg

Sさん、この靴はビジネス用で履かれるそうで、次はプライベート用の“ポストマンブーツ”を作るとのこと・・。

好きだな〜
posted by tomo at 15:38| Comment(0) | 工房及び教室のこと