2015年08月29日

ビジネスシューズ

静岡からの単身赴任で現在関東にお住まいのYさん・・・。
週末の趣味として始められた靴作りもかれこれ1年半程・・。

ついにハンドソーンでの2足目が完成しました。
YさんハンドソーンH.jpg

木型を抜く前に、丁寧に磨いてます。

この瞬間が一番嬉しく、且つ楽しいひとときです。

でもって、木型を抜いて・・・、
YさんハンドソーンI.jpg

いよいよ初めての足入れ・・。
YさんハンドソーンJ.jpg

因みに左側の靴は1足目で作ったサドルシューズ。

教室に来られる時やプライベートで大活躍というサドルシューズ・・。かなり履き込んでくれていて、嬉しい限りです。

こちらが1足目の完成写真・・・。

203_5.jpg

で、こちらが2足目・今回のズーム写真。

243_3.jpg

今回はちょっと冒険して、高級皮革ボックスカーフを使用・・。
YさんハンドソーンK.jpg

きめの細かい表情が特徴的です。

243_5.jpg

こちらも、ビジネスシーンで活躍してくれると嬉しいです。

さてYさん、次はブーツに挑戦です。
posted by tomo at 17:26| Comment(0) | 工房及び教室のこと

2015年08月23日

細か過ぎて伝わらないコダワリ・・

初めての靴作りのUさん・・・。

Uさん外羽根@.jpg

自分で購入してきたグレーの革で外羽根の靴に挑戦中・・。
ただ、この革がとってもぶ厚い・・・。

元厚で2.5mmほどでしたので、このままでは少し初心者にはきつい旨お話しましたが、
“どうしてもこの革で作りたいっ!”とのこと・・。

工房にも似たような色の革がありましたが、どうしてもこのグレーでなきゃ嫌だと・・。

グレーにコダワリがあるのね・・・。

で吊り込みシロを少し漉いて進めることに・・。

Uさん外羽根A.jpg

で、最後に底材をつけてグラインダーで削ってます。
このソールも、白にこだわってのチョイス・・。

工房に置いてあるビブラムの“オフホワイト”をお勧めしたところ、

“完全な白にしたいんですよね〜”
とお気に召さないご様子・・・。

Uさん外羽根B.jpg

なので、急遽ビブラムの9105をネットで発注・・・。

なんとか気に入ってくれたようです・・。

242_4.jpg

その他、ミシンのピッチも通常は“8”をお勧めしておりますが(他の生徒さんも素直にそのまま8で縫ってますが・・)、
“もう少し細かいほうが、カッコイイッすよね!”

と、ピッチは“10”で縫ってます。

また、“親子穴”も工房に2種類置いてある金具はどうもお気に召さないようで、

“親穴を少し大きめにしたいっ”

というこで、親・子それぞれ別々で穴あけしてます。

242_3.jpg

言われなければ分からない(言われても分からない?)、細かすぎて伝わらないコダワリ満載の靴がついに完成しました。

Uさん、次はハンドソーンでマウンテンブーツに挑戦です。

さあ、次はどんな細かすぎるこだわりを見せてくれるのでしょうか?
posted by tomo at 15:48| Comment(0) | 工房及び教室のこと

2015年08月13日

地味な靴

チケット制で通っていただいているTさん・・・。

Tさんスリッポン@.jpg

初めての靴は今から2年前、ご自身の結婚式のときに、旦那様にサプライズで渡すフォーマルメンズシューズをなんとマッケイ製法で作成し、(詳細はこちら⇒http://sakaiworks.sblo.jp/archives/201309-1.html
次足ではご自身のモカシンシューズを作成・・。

今回で3足目となります。

TさんスリッポンA.jpg

で、今回はお母様にプレゼントされる靴のようです。

Tさん曰く・・、
“おばちゃんだから、脱ぎ履きが簡単な靴がいい〜。”

ということで、サイドにゴムを入れたスリッポンスタイルで進めることに・・・。

デザインも・・、

“おばちゃんだから、茶色の地味な感じでいいの〜”
と・・。

192_4.jpg


自分の靴はこんなに派手にデコったのに・・。


TさんスリッポンB.jpg

と、なんだかんだで、仮吊り込みまで来ました。
9月下旬がお母様のお誕生日らしく、その時にお渡しする予定ですが、最近では、

“クリスマスでもいいかな・・・”

と・・。

“駄目だよっ!ちゃんと誕生日に間に合わせてっ!”

とハッパを掛けて一生懸命本吊り込みに突入・・・。

と、必死なところを一枚撮ろうとしたところ・・・、
TさんスリッポンC.jpg

“Tさん、必死すぎて目が怖いっ〜!”
※この後この写真を見て大うけしておりましが・・・。

TさんスリッポンD.jpg

この日は、片足の踵までで終了・・・。

やっぱクリスマスかな・・。
posted by tomo at 15:01| Comment(0) | 工房及び教室のこと

2015年08月07日

アゴ落とし

今日でついに8日連続の猛暑日・・・。
健康維持のため週3日ほど朝走っておりますが、朝5時過ぎですでに28度前後あるので、汗が半端ないです・・。
走る前と後では体重が1kg近く変わっちゃいます。

まあ水分補給すればすぐに、もとに戻りますが・・・。

しかし、走り続けて3年・・同時に行っている筋トレ効果もあってか、以前は20数%あった体脂肪率も今では14〜15%と、40代にしてはまずまずな今日この頃・・。


さてさて教室の方ですが、手縫いのモカシン・ブーツにこだわり続けて3足目を作成しているKさん・・。

241_1.jpg

いよいよ3足目の完成が見えてきました。

Kさんモカシンその弐@.jpg

今回はオパンケ仕様・・・、更にソールはビブラムの2055ブラックをチョイス・・。
オパンケにしっかりフィットさせるため、グラインダーで削りだしております。

Kさんモカシンその弐A.jpg

このとき重要なのが、“アゴ落とし”という作業。

ヒールの前側の断面を“アゴ”といいますが、こちらを削って高さを調整してあげる必要があります。

よく、靴を側面から見たときに、ヒールの底面全体が地面に接着していない靴がありますが、これはアゴ落としが正確に出来ていない靴、ということになります。

なかなか難しい作業ではありますが、さすが3足目(都合5足目)ともなると、大分手馴れたもんです・・。

241_4.jpg


でもって、完成〜!

丹念に磨いたオパンケと、内側のゴールドのライナーが輝いてます。

241_7.jpg

アゴ落としも上手に出来てますね〜。
今回も前作・前々作同様、全て手縫いです。

194_3.jpg

因みにこちらが、昨年秋完成した“Kさんモカシン第1号”・・・。

217_3.jpg

こちらが今年の春に完成した“第2号”・・・。


この秋、いよいよ“第3号”デビューです。
posted by tomo at 13:10| Comment(0) | 工房及び教室のこと