2015年02月26日

タップシューズ完成〜!

昨年5月から通っていただいているSさん・・・。

216_2.jpg

埼玉でタップダンスの教室を運営されていらっしゃる、ダンスの先生です。

“是非自分で作った靴で踊りたいっ!!”

ということで、タップシューズに挑戦です。

“歩くため”というより“踊るため”の靴ですから、当然普通の靴屋さんでは取り扱っているわけも無く、専用のお店でいつも購入されているとのこと・・。

ただ、Sさん曰く、どうしてもフォーマルなタイプの靴しか無く、黒もしくは黒と白のコンビがメインで、あまり好みの色の靴というのは入手しづらい、というのが現状のようです。

折角作るのだから、ということで、メインの革は高級革“Mボックス・コニャック”を使用・・・、
トウと踵部のみご自身で購入されてきた、エメラルドグリーンの革とのコンビで進めることに。

SさんタップシューズA.jpg

また底材も最終的に音を出すための金具を取り付けるので、革底になります。
つまり、圧着ではなく手縫いということですね・・。

初めての靴作りで、尚且つ通常のマッケイ縫いよりも厚い底材になりますので、多少手古摺りましたが・・。

Sさんタップシューズ@.jpg

完成〜!

216_4.jpg

このようにヒールと、トウ部には、専用の金具が取り付けられています。

216_5.jpg

BPより前は5mm厚を2枚縫い合わせてますので、通常のマッケイ縫いよりも大変でした・・。

Sさん、お疲れ様・・。

SさんタップシューズB.jpg

完成後、早速試し履き&軽く踊ってもらいましたが、果たして音のなり具合は・・・。
SさんタップシューズC.jpg

“お〜、思っていたより全然いい音〜”
とのこと・・。

ヨカッタ、ヨカッタ〜。
posted by tomo at 19:40| Comment(0) | 工房及び教室のこと