2014年06月10日

2年越しの完成〜!

昨年暮れから通っていただいているKさん・・。

181_1.jpg

まず一足目は、セメンテッドにてカジュアルな感じのサドルシューズをということで約半年が経過し、ついに完成しました!

手際もよく、覚えも早いKさんですが、半年掛かってしまったのはフィッテングを2回行ったから・・・。

どうも、教室へ通い始めた頃から、踵に違和感を覚え、お医者さんに見てもらったところ、胼胝ができてしまっていたとのこと・・・。

Kさんフィッテイング@.jpg

丁度一回目のフィッテイングの時には、包帯をあてがわれ、なんとも痛々しい状況でした。

その時の胼胝の位置が上記の写真の位置・・・。

長年胼胝とお付き合いのある方は、ある程度硬化してしまっており、痛みも差ほどではないようなのですが、でき始めはとても痛いそう・・・。


KさんフィッテイングA.jpg

ということで、今回はカジュアルシーンに合せて履く靴ということもあり、履き口にはクッションを入れるということで予定を変更し、再度フィッテイングを行いました。

木型の踵部にも補正を行いましたが、更にクッションを当てることで確実に痛み無く履けるように、ということです。

181_2.jpg

ピーク時よりだいぶ痛みは無くなったとのことですので、がんがん履いてやって下さい。

Kさん、次はビジネスシーンでの靴でマッケイ製法ににチャレンジとのことです。


こちらは2足目が完成のMさん・・。

182_1.jpg

鮮やかなブルーのタンニンを使ったスリッポンを作成しました。

182_4.jpg

今回は敢えて芯を入れずに、気軽に履ける靴を、ということでシンプルなデザインでまとめてみました。

次はしっかり芯を入れたパンプスにチャレンジです。


最後は靴暦4年と、うちでも最古参のお一人、Kさんです。

184_1.jpg

4年目ですが、完成させた靴は、今回で2足目・・。

なかなかお仕事がお忙しいようで(あくまで本人談ですが・・)、今回は2年越しの完成と相成りました。

まあ、あまり期間のことを書くとご本人に怒られますので、この辺にしておきますが、正確には2年3ヶ月です・・・。

184_3.jpg

基本はシンプルなパンプスですが・・・、

184_5.jpg

2Wayでこんな感じでも履けるタイプの靴。

ヒールも革の積み上げにして、だいぶこだわった靴ですので、しっかり履いてあげてください。

次は、フォーマルな内羽根靴にチャレンジとのこと・・。

次の完成は、3年後かな・・。


posted by tomo at 17:05| Comment(0) | 工房及び教室のこと