2014年01月14日

ベテランvs新人

昨年暮れに完成したベテラン3人の靴をご紹介・・・。

まずは、靴づくり歴1年半のMさん。

Mさんハンドソーン仕上げ@.jpg

セメント(圧着式)でまずは3足、その後ハンドソーン(手縫い式)で2足の計5足目と、歴1年半の割にはかなりのハイペースです。

なにやら服飾完成のお仕事をされているそうで、仕事場のミシンを自身の靴にもフル活用・・・。 社長っ!いいんすか?!

また、木型もご自身で中古のものを¥1,500で購入されてきたので、週3時間の工房(教室)での作業以外も、ご自宅やら仕事場で、5〜6時間/週の時間を費やしているそうで、そのスピードにも納得です。

今回も型紙から全てご自身での作成・・。

もうすっかり靴職人です。

Mさんハンドソーン仕上げA.jpg

最後の仕上げにと、コバ周りとヒール周りの熱ゴテ当て・・・。

長く、辛かったハンドソーンの総仕上げで、一番うれしい瞬間でもあります。

お顔もニヤニヤ・・。

Mさんハンドソーン仕上げB.jpg

今回は艶あり黒の革だったので、ついでにトウ部分のポリッシュでの“鏡面磨き”の方法をお教えしたところ、更に目じりが下がって・・・、超楽しそう・・・。

次回6足目は、更に手間のかかるノルウィージャンにチャレンジだそうです。



一方こちらは、まもなく靴作り歴3年目に突入のTさん・・。

159_1.jpg

前回はお母様のローファーを作成、プレゼントされたとのことですが、今回はお友達へのベビーシューズのプレゼントです。

159_2.jpg

ソールが付いていない、室内履きで練習用の一足と・・、


159_3.jpg


ソールを付けた、お出かけ用の2足。

こちらも、パイピング等なかなか難易度の高い技に挑戦しつつ、手縫いの糸もご自身で染めてこられる程のこだわりよう・・・。

喜んでもらえるといいですね・・。

次回は妹さんへの靴にチャレンジ。こちらも型紙から作成予定の、女靴職人です。


更にこちらは、歴3年のSクン・・。

153_2.jpg

彼女さんへのパンプスのあと、今度はこちらもお母様へのプレゼント用の靴です。


153_1.jpg

シンプルな外羽根仕様ですが、

153_4.jpg

ご年配の方用に、履き口周りにはクッションを入れて足首の保護を・・・。
さりげなく親孝行です。


最後はこちら、昨年夏休みデビューのSちゃん・・・。

158_1.jpg

なんと中学1年生!

工房史上、最年少の生徒さんです。

なんとかクリスマス前に間に合わせたかったというデザインですが・・・・、

ただ、

“文化祭の準備が忙しいのに、男子が全然手伝わないんですっ!”

とか

“合唱コンクールの練習が大変なんですっ!”

と・・、いまどきの中学生は、超多忙なんですっ!

158_2.jpg

しかし、チケット制で月2回のペースで半年程での完成は、まずまずですよ。


ということで、タイトルのベテラン3人VS新人戦は、独断と偏見で新人のSちゃんの勝ち〜!!


posted by tomo at 15:19| Comment(0) | 工房及び教室のこと