2012年12月27日

今年最後の“完成〜!!”

暫く滞っておりました、生徒さんの完成作品をご紹介・・。


まずは、靴関係のお仕事をされてらっしゃるMさん。

109_thumb.jpg

109_2.jpg

渋いBoxカーフを使って、シンプルな外羽根を完成〜。

現在は、2足目でベージュと柄物のコンビの内羽根にチャレンジ中。

こちらはEさん。
111_thumb.jpg

スウェードを使ったボタンブーツが完成。
111_2.jpg


こちらも、また別のMさん。

116_1.jpg

シンプルな黒のチャッカーブーツが先日完成〜。

116_3.jpg

こちらのMさんは、自前の木型を購入されたようで、現在は2足目を型紙から作成中です。



次は大学生のNさん・・。

118_thumb.jpg

大学の卒業論文の為、“古典靴”を作成・・。

118_2.jpg

今の靴とは色々と異なる部分もあり、一部試行錯誤的な部分もありましたが、なんとか納得の一足が完成しました。


靴歴2年目のSクンは・・・、

119_thumb.jpg

職場のお友達にプレゼントするベビーシューズと・・、

119_3.jpg

彼女さんへのパンプスが完成〜!

106_4.jpg

次回はお母様への靴を作られるそうです。


こちらは、秋から新規にご参加のKさん。

120_1.jpg

トリッ〇ン風のレースアップシューズが完成〜。


120_thumb.jpg

中敷にも大分凝った雰囲気がでてます。



最後は、もうすぐ靴歴4年目、最古参のS姉さんのベビーシューズ達

121_thumb.jpg

ここに写っていない何足かは、“自宅に飾ってたら遊びに来た友達に持ってかれた”そうで・・。

今度は、ベビーブーツに挑戦です。


皆さん今年もお疲れ様でした〜&お世話になりました〜。

来年も宜しくお願いしま〜す。
posted by tomo at 21:41| Comment(1) | 工房及び教室のこと

2012年12月04日

ミシンストッパー

靴教室のみならず、カバン教室でも、皆さん最初に苦戦を強いられるのがミシンのようです。

日頃家庭などで使ってらっしゃる方は、少し練習しただけである程度マスターされるようですが、

“小学校の家庭科以来ですぅ〜!”

なんていうほぼ初心者さんにとっては結構慣れるまで時間がかかる方も・・。まあ個人差もありますが・・・。


中には、ジャイアンにいじめられたのび太くんばりに、ほぼ半ベソ状態になりながらもミシンと格闘される方も・・・。

そんなあなたに朗報です!

ポストミシン用定規@.jpg

因みにこちらがうちで靴用に使用しているポストミシンですが・・、

ある機器を装着!

ポストミシン用定規A.jpg

ぱぱらぱっぱぱ〜、ミシンストッパ〜(ここはドラえもん風に・・。)

ポストミシン用定規B.jpg

左右にブレがちなステッチを、右側のストッパーがしっかりと固定。

直線はもちろんカーブにも対応、また横幅の調節だけでなく高さの調節も可能なので、靴のように後で市切りで切り落とすライナーが右側にはみ出ていても、アッパー本体をしっかりと固定してくれます。

ミシンストッパー@.jpg

このストッパーを使用する生徒さん第一号のTさんに、早速パンプスのストラップ部分を縫ってもらいました。

ミシンストッパーA.jpg

おぉ〜、まっすぐステッチっ!!

皆さん、是非ご活用下さい。




さて話しは変わりまして、こちらは一年越しで“トリッ○ーズ”風のブーツを完成させた男性のTさん。

お仕事が大変お忙しい方で、チケットの有効期限を最大限に使いながらゆっくりゆっくりと進めてきました。


115_thumb.jpg

普段履いているサイズとは2サイズ程小さい木型で作成しましたが、

“ピッタリです!”

とのこと・・。よかったよかった・・。

115_1.jpg

完成度も高く、またタンニン革を使用しましたのでどんな色に育っていくのか愉しみです。



さてこちらは前回登場したKさんのハンドソーン・ブーツ・・。

KさんハンドアッパーC.jpg

今回で2足目ですが、ハンドソーンにチャレンジ。

圧着に比べ手間も時間も掛かりますので、こちらは先月から週2枠・6時間のペースで進めています。

KさんハンドアッパーD.jpg

初めての方にありがちな、掬い針が折れたり、糸が切れたりのトラブルはありましたが、かなりのハイペース。

KさんハンドアッパーE.jpg

そういったトラブルの時には、右と左を交互に進めたりと、自分なりにモチベーションを維持する工夫をしながら進めているようです。


9月から初めて3ヶ月チョット、ついに本日掬い縫いが終了しました。

掬い縫いは2週間で終了した模様。早〜っ!!

次回は踵部の“鉢巻”と、中物詰め、そしていよいよ本底を付けて出し縫いへと入ります。


さてこちらも前回登場のNさんの古典靴。

コールテン生地の為、チクチク、チクと刺繍・・・。


Nさん古典靴A.jpg

普通、刺繍用の周りの木枠は丸くて小ぶりなものが殆どらしく、ただそれだと靴のサイズに収まらない・・・。

ということで、絵画用の額縁を買ってきて自分で作っちゃったようです。

こっちも凄いな・・・。
Nさん古典靴B.jpg

踵芯まで吊り込んで、次回いよいよ先芯でアッパー完成予定です。
posted by tomo at 15:37| Comment(0) | 工房及び教室のこと