2011年02月13日

裁断机

日曜日の午後クラス。

今は3名の生徒さんに通っていただいていますが、丁度ライナーの裁断が皆さん重なってしまう。

革を裁断する時って、大きく広げるので兎に角場所をとります。

Aさんライナー裁断.jpg

Aさんは内羽根のライナー。

Fさんライナー裁断.jpg

同じくFさんはブーツのライナー。

Tさんライナー裁断.jpg

そしてTさんはチャッカーブーツのライナー。

生徒さんの作業机ではお隣さんの邪魔になってしまうので、私の作業机も使ってもらって裁断していただく。


裁断用の広い机が欲しいと思う今日この頃・・。

話しは変わりますが、先日もこちらで書いた木型の補正&確認作業・・。

パンプス、ローファーとそれぞれの木型補正とその違いを履き比べてきましたが、今度は羽根ものです。

取敢えず、オーソドックスな外羽根にしてみる。

木型修正・外羽根フィッティ.jpg

パンプス・ローファーと異なり、今度は履き口が狭いので木型の補正の仕方も随分と変わってくる。

パンプス・ローファーでは、踵部の肉の逃げ場を作るように蝋を盛っていったが、今回のような羽根や紐で調整できる靴は、本来の木型の形に戻してすっきりとさせる。

また、自分は特に甲高なのでボールガースの補正だけでなく、甲部分にかなり蝋を盛っていく。


舟状骨を中心に足の各部のサイズを測り、その数値を元に木型を補正していくのだが、数値だけではなくやはり見た目の美しさも重要・・。

最初に数値をあわせたモノは、斉藤先生よりダメ出しをくらう・・・。


先生に同じように盛ってもらったものとの違いを見ると、一目瞭然・・。

数値をあわせることと、見た目のバランスが難しい・・。


木型は奥が深いな〜